FC2ブログ
育児板拾い読み@2ch+α
育児の話題を中心に様々な話題を集めています。
202003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202005
大人になって感想が変わった小説漫画アニメetc.★53

951 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/08/16(木) 13:23:27.94 ID:wk78ctOk0
わが青春のアルカディア

昔々ハーロックが好き過ぎて辛いほどだったけど
四十代の今、ハーロックを支え続けてられたか自信ない

大体地球は何とか帝国の占領下にあるのに好き勝手やって出ていくってのは子供だろうと。
耐えがたきを耐え、忍んで時節を待つ人だっていただろうに。
親や子供のことを思って二つ返事でアルカディア号に乗れなくなってしまった自分がさみしい

953 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/08/16(木) 15:38:41.85 ID:8ecewI1s0
>951
時代は違うけど、鉄郎は地球にとどまって、パルチザン活動をしてたのになーとか比べてしまうわw

さよなら999のラストで、再建のために地球に戻る鉄郎と、暢気に併走してるアルカディア号を見ると、
大人に見えたハーロックがブラブラしてるだけの人に見える。


954 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/08/16(木) 18:41:32.34 ID:wFHeDUWA0
「少年の心を失わない=単に大人になれていないだけ」の
典型例だよね>ハーロック


955 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/08/16(木) 19:56:30.15 ID:TOVqQUkE0
フーテンのハーロックw


956 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/08/16(木) 20:09:28.84 ID:uoNH7IlJ0
私にとってはハーロックって子供のころ見てた999とかに
ちょろっとおいしい役で出る人ってだけなので、超かっこいい人なんだと思ってたけど
いろんな背景があるんだね


957 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/08/16(木) 20:32:25.95 ID:ihHY5JIR0
>>951
そういえば、アルカディア号の乗組員は、
全員身寄りのいない人達だったよね。


958 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/08/16(木) 20:41:52.31 ID:+uv7zx440
>>955
やめて~w
フーテンのトラの音楽と映像がハーロックの顔で再生されたww
もやし炒め噴いたじゃないか


959 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/08/16(木) 20:55:41.59 ID:+gKEpdwW0
いい年してあんな格好して…とか冷静に見てしまうとダメだよねw
いや、今でも好きなんだけど。


960 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/08/16(木) 21:03:55.47 ID:5xXguZcM0
松本キャラの男は今見るとねー
さよなら999でそして少年は男になるって格好良く言ってたけど
良くも悪くも少年のままって気がする

ヤマトの沖田艦長や徳川機関長は落ち着いた大人に思えるけど


961 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/08/16(木) 21:32:09.16 ID:Uglf+yxr0
ハーロックのことはミーメに任せておけば大丈夫さw


962 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/08/16(木) 21:43:59.85 ID:uLz1R6UxO
TV版のアルカディア号を見慣れてたから
映画版のアルカディア号を見た時の衝撃といったらなかった

格好良すぎる

以降、アルカディア号と言えば映画版で通してますね


963 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/08/16(木) 23:39:45.45 ID:nORoeX6C0
アルカディア号って操縦席が丸出しなんだよね?
敵の砲弾が飛び交う中、満身創痍で操縦するんだよね?
そういうのがしびれるほどかっちょいー!と思っていた子供の頃ww
今思うと、劇場型陶酔男なんだなぁ。


964 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/08/16(木) 23:49:05.60 ID:TEObI1nb0
船内にも普通に操縦席あるよ。
ここぞという時に、わざわざ外の危険区域まで生身で出てって陶酔してるんだわw



松本零士ぴあ

関連記事
■前の記事:ちっちゃいころの失言は色々ヤバイ
■次の記事:蚊取り線香焚いて風鈴付けてスイカ食べながら夕日見てジブリ見ると泣ける

コメント欄について(クリックで方針詳細)

■コメントはスレまとめ時と同じような基準で判断され、管理人承認後に掲載されます。
■エピソードなどは本サイトの記事として掲載される可能性があります。




copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.