FC2ブログ
育児板拾い読み@2ch+α
育児の話題を中心に様々な話題を集めています。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
あなたの心がなごむとき~第70章
kohada.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1378388790/168

168 なごみ sage 2013/10/16(水) 23:14:30.76 ID:5txHfsci0
お散歩中のわんこ&杖ついた高齢と覚しきご婦人が向こうからやってくるのと出会った。

柴っぽい小柄なわんこはスキップするような足取りで、てっくてっく歩きながら
飼い主さんの顔をずっと見上げてて、あーこの子すっごい飼い主さん大好きなんだな~と
微笑ましくすれ違った。

と思ってたら、キャン!あらあっ?!と声が聞こえて振り返ったら
わんこが側溝に落ちてたwww

杖持ちじゃ屈むのも辛かろうと、思わず側溝からわんこ助けるの手伝ってしまった。
ついでにハンカチで泥だらけの足拭いてあげた。

ご婦人からは丁重な御礼の言葉を賜り、この子いつもこうなのよ、お恥ずかしいわあ。
と、恥ずかしそうにわんこの頭を撫でていたご婦人と、ずっとご婦人の顔をキラキラした目で
見上げ続けていたわんこ。

くそうわんこめ助けた俺の顔もちょっとは見上げてくれよ、と嫉妬しつつ萌えた。
少しお喋りしてみたら、小柄なんで若いのかと思ったわんこはもう15才なんだそうだ。

台風で電車止まって会社に辿り着けず、休むと伝えたら上司に冷たくあしらわれて凹んでたんだが
わんことご婦人のおかげでなごんだ。明日は今日の分も頑張ろう。


毎日かあさん(10(わんこギャル編)) [ 西原理恵子 ]

関連記事
■前の記事:旦那の手を取りながらきゃあきゃあ踊ってしまった
■次の記事:当時の親の必死さがよく分かった

コメント欄について(クリックで方針詳細)

■コメントはスレまとめ時と同じような基準で判断され、管理人承認後に掲載されます。
■エピソードなどは本サイトの記事として掲載される可能性があります。




copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.