FC2ブログ
育児板拾い読み@2ch+α
育児の話題を中心に様々な話題を集めています。
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
あなたの心がなごむとき~第70章
kohada.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1378388790/614

614 なごむのか sage 2013/12/11(水) 21:08:53.40 ID:Spoa0ZrC0
和む話なんかよくわかんないけどちょっと書いてみるわ。

20代の前半、父親がちょっとよろしくない病気になって急遽金が必要になり、
ひとまずサクッと稼げるトラック運転手やってたんだけど、あの仕事って配達先、
特に倉庫のおっさんなんかにすごく下に見られて、蔑まれたりするんだよ。
「車運転するしか能がねーんだから、黙って運べよ」みたいなこと言われたりもした。

んで、自分もどんどん心がささくれてっちゃって、「オヤジが病気すっから
こんなことやんなきゃなんない」みたいに思ってすげーやなヤツになりかけてた。

その日は食品の配達で、駐車スペースから少し離れてるスーパーのバックヤードに
クソ重いパスタ1kg×24個を80箱くらい運んでたんだ。
汗ダラダラでやっと運び終わって、目も合わせないおっさんにハンコもらって
イライラして車に戻って水分補給してた。


615 なごむのか sage 2013/12/11(水) 21:10:55.11 ID:Spoa0ZrC0
その駐車スペースの前には公園があって、そこにかなりヨボヨボの爺ちゃんと、
結構でっかい犬(秋田犬くらいでっかい)が散歩にきてたんだ。

爺ちゃんはかなり歩くのが遅くて、一歩が10cmないくらいのスローペース。
だけど犬はそのペースに合わせて、ゆっくりゆっくり横を歩くんだよ。

で爺ちゃんがよろけたりすると、スッと体を寄せたりして見守りモードなのよ。

わ~あの犬賢いなーなんて思って見てたんだけど、爺ちゃん何を思ったかブランコに座ってゆっくり漕ぎだした。
犬はそれをジーっと見ながら、ぜったい爺ちゃん落とすまいっていう感じで、いつでもいけるぜ態勢で待機。

で、ひとしきりブランコを楽しんだ爺ちゃん、ゆっくり立ち上がってニッコリしながら犬の頭をひと撫ですると、
犬が超笑顔で、これまじで超笑顔に見えたんだけど、尻尾パタパタって振って、そんでまた歩いてった。


616 なごむのか sage 2013/12/11(水) 21:13:33.23 ID:Spoa0ZrC0
あとは俺の想像だけど、あの犬はきっとチビの時から愛情いっぱいに育てられてたんだろうねーなんて思ったわけさ。
主従とかじゃない信頼感みたいなのがにじみ出てた。

それで

「そういや俺だってオヤジに可愛がられて育ったんじゃん。
 病気になんのは仕方ないし恨んでどうすんよ」

と思い直し、それからは何言われてもとりあえず「さっせん頑張りますっ」とかいいながら
ムカついた顔しないようにしてたら、スーパーのおばちゃんとか超優しくなった。

イライラしないで人としてちゃんとするって大事だわーって心底思った。

父親の病状が落ち着いて、元の職種に戻るのが決まった時は
おばちゃんたちが送別会してくれるまでになった。

あの爺ちゃんと犬のたたずまいが、互いを思う優しさに満ち溢れてたので、
それを見てすごく助けられたわって話でした。


617 なごみ sage 2013/12/11(水) 21:17:30.79 ID:T4VBvE9z0
>>614-616
じいちゃん&わんこ、かわええ
614もお父さんの病気が回復に向かってよかったねー


618 なごんだ sage 2013/12/11(水) 21:23:43.85 ID:+9Yhjgn30
614がんばったな


619 なごみ sage 2013/12/11(水) 21:32:07.23 ID:1Q9RG7s70
614頑張った
犬とお爺さんの話もいい話なんだけど、そこから大切なコトを受け止める事が出来る
614も偉い

関連記事
■前の記事:私はいつでもあなたの味方だから
■次の記事:洗濯機の新機種が安く出ていて色々質問してから落札したら洗濯機のパンフが届いた

コメント欄について(クリックで方針詳細)

■コメントはスレまとめ時と同じような基準で判断され、管理人承認後に掲載されます。
■エピソードなどは本サイトの記事として掲載される可能性があります。




copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.