FC2ブログ
育児板拾い読み@2ch+α
育児の話題を中心に様々な話題を集めています。
202003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202005
「トイレットペーパー抱えてた寮の女の子に声をかけた話」
記事元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1404212947/

1 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)20:09:07 ID:R0oLLA6h7

生まれてはじめて見たんだよな。
女の子がトイレットペーパー(12ロール)を抱えて歩いてるところ。

「女の子ってトイレットペーパー、買うんだ」ってなんか興奮した。

だから、話しかけちゃったんだよね。
トイレットペーパーを抱えたその子に。

3 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)20:11:38 ID:e5AWwCMjV
ほう


4 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)20:12:27 ID:R0oLLA6h7

はじめて話しかけたのは、寮のロビーだった。

「トイレットペーパー、買ったんだ」

こんな感じで話しかけたら、意外なことに立ちどまってくれた。


「むしろトイレットペーパーしか買わないですよ」

「え? ティッシュは?」

「これがティッシュじゃないですか」

「いや、これはトイレットペーパーでしょ」

「我が家では、これを『丸いティッシュ』って呼んでます」


この会話でわかると思うけど、この子はけっこう変わってた。
あと、喋り方が渡部陽一に似てる。


6 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)20:14:48 ID:awPY6Cqxl
渡辺陽一て誰だっけ?


7 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)20:15:12 ID:dSpIcBL4s
戦場カメラマン


8 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)20:16:37 ID:R0oLLA6h7
「ティッシュがいりますか?」

「いるでしょ」

「でも、トイレットペーパーがあれば必要ないですよね」

「……トイレットペーパーをなにに使ってるの?」

「わざわざ聞く必要ありますか」

「ごめん」とオレはそこであやまった。

さすがに女子に聞くことじゃなかった。
あと、なんかすげえ眠そうで半目だった。


10 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)20:18:47 ID:R0oLLA6h7
ちなみに名前を聞いたら、こんなふうに返してきた。

「好きなように呼んでくれていいですよ」

「そっかあ。って、本名を知らないんだけど」

「だから、好きに呼んでくれていいですよ」

「いいの?」

「いいです」

「じゃあ『トイちゃん』で」

「なんで、わたしのみょうじを知ってるんですか?」

トイちゃんが目を見開いた。
意外と大きい目をしてた。


11 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)20:20:35 ID:R0oLLA6h7
「いや、当てずっぽうなんだけど」

「へぇーほぉー」

「……」

なぜか、急に顔をジロジロ見てくるようになった。
けっこう真剣に感心してるっぽい。

『トイちゃん』って名づけたのは、
トイレットペーパーの『トイ』をとっただけなのになあ。


16 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)20:23:48 ID:R0oLLA6h7
うちの寮は、男女共同。
だからトイちゃんとは、ときどきいっしょにご飯を食べた。

「トイちゃんって、なんで敬語を使うの?」

「変ですか?」

「一年生どうしなんだから使う必要なくない?」

「それには深い理由があるんですよ」

「と、言いますと?」

「わたし。タメ口で話すとなまっちゃうんです」

「それで、戦場カメラマンみたいな話し方してるの?」


トイちゃんはうつむいて、納豆をすげえ勢いでこねはじめた。
もしかすると、ショックを受けたのかもしれない。


18 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)20:25:46 ID:R0oLLA6h7

「鹿児島出身なんですよ、わたし」

「へえ。鹿児島ってなまりつよいの?」

「『自分ではよくわかんないんだけどねえ』。こんな感じです」

「なんかイントネーションがへんだね」

「地元の友達にも、よく言われます」


……地元の友達にも言われちゃうんだあ。


21 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)20:29:32 ID:R0oLLA6h7

朝は食堂で女子のすっぴんが見れたりする。
トイちゃんのすっぴんも拝めた。

「なんか体調、わるそうだね」

「なんでそう思うんですか?」

「だって顔色ヤバイよ」

「すっぴんだとだいたいこんな感じです」

早朝のトイちゃんは泥人形みたいだった。


24 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)20:35:27 ID:R0oLLA6h7

トイちゃんがバイトをはじめたらしい。

「へえ。なんのバイトはじめたの?」

「誰にも言わないでくださいよ」

めずらしく、トイちゃんの目が開いていた。

「ちなみに、オレはレジ打ちとかやってるのかと思った」

「残念。ちがいます」

「じゃあなんなの?」


27 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)20:40:48 ID:R0oLLA6h7

「アパレルです」

「アパレル!?」

「はい。アパレルです」

「……なんかイメージとちがうなあ」

「友達からは、とっても似合ってるって言われますよ」

「ちなみに店は?」

「西松屋」

「ああ、うん。似合ってるわ」


ていうか、西松屋ってアパレルって言うのか。


29 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)20:45:25 ID:R0oLLA6h7
トイちゃんに趣味を聞かれたので、聞き返してみた。

「わたしの趣味ですか?」

「うん。なんかないの?」

「あります」

「なあに?」

目を細めるトイちゃん。
トイちゃんは、考え事をするとき必ず目を細めるのであった。

「ホテル巡りです」

「ホテル巡り?」


30 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)20:49:46 ID:R0oLLA6h7
「ブティックホテルの中を見るのが好きなんです」

「泊まらないの?」

「寮がありますし」

そう言ったあとで、トイちゃんは
「変な意味じゃないからね」と慌ててつけ足した。

変わった趣味をもった人間がいるんだなあ、とため息が出た。
ブティックホテルがなんのかわからなかった。

あとで調べてみたら、もっとため息が出た。


31 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)20:55:22 ID:R0oLLA6h7
ある日、ベランダで布団を干していると。
上からバスタオルが降ってきた。
 
ちなみにうちの寮は、六階建てなんだけど。
男子が住んでるのが、1階から4階。
女子が住んでるのが5階と6階。

そして俺が住んでるのは4階。

つまり上から降ってきたバスタオルは、女子のものである。
届けようかと思ったけど、女子の階には男子は行ってはいけない。
それでめんどくさくなって、自分の部屋で干しとくことにした。

……っていう話をトイちゃんにした。


33 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)21:07:01 ID:R0oLLA6h7
「それでまだ、タオルはもってるんですか?」

「まあ、いちおう」

「早く返したほうがいいですよ」

「オレの代わりに返してほしい」

「じゃあ、あとでもってきてください」

食堂で話し合って、一度解散することにした。
部屋に戻ったらトイちゃんから、寮の部屋の内線で連絡がきた。
内線は部屋の番号を押すだけで、勝手につながるんだけど。 

教えてないのに、
どうしてオレの部屋の番号知ってたんだろ?
 

38 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)21:23:15 ID:R0oLLA6h7
トイちゃんにほかに趣味がないのか聞いてみた。

「ありますよ、もうひとつ」

「それはいったい?」

「お酒。芋焼酎とか飲むの好きです」

「トイちゃんって未成年飲酒とかしちゃう人なんだ……」

「未成年じゃないですよ」

「まだオレたち、一年生じゃん」

「わたし、浪人してるんで」

トイちゃん、まさかの年上だった。


39 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)21:34:07 ID:R0oLLA6h7
トイちゃん、どうやらコーヒーは豆から挽いて飲む人らしい。

「コーヒーは飲みますか?」

「めっちゃ飲むし、めっちゃ好き」

本当はコーヒーは好きじゃない。
けど、トイちゃんと話したかったからそう言った。

「じゃあ甘いものは好きですか?」

「あんまり好きじゃないけど、なんで?」

「甘いものはコーヒーのおいしさを引き立てるんですよ」


40 :名無しさん@おーぷん :2014/07/01(火)21:38:39 ID:R0oLLA6h7
「もったいないなあ」

「そうなの?」

「甘いものと飲むコーヒーのほうが、100倍おいしいのに」

「そっか」

「甘いものと、飲みません?」

「飲み方はなんでもいいよ。
 べつにそんなにコーヒー好きじゃないし」

「え?」

「うん?」

なんだかんだコーヒーを飲ませてくれたトイちゃんだった。


続きは…
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1404212947/41-


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5ドラマCD付き限定特装版 [ 渡航 ]

関連記事
■前の記事:笑顔を振りまいて魅了する
■次の記事:旦那は私の精神安定剤兼活力の源!

コメント欄について(クリックで方針詳細)

■コメントはスレまとめ時と同じような基準で判断され、管理人承認後に掲載されます。
■エピソードなどは本サイトの記事として掲載される可能性があります。




copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.